MENU

動画のサイズを小さくする方法(圧縮方法)

Youtubeにアップロードする時に、

 

・動画の不要な部分を削除して

 

・その後に動画の容量を小さく

 

しました。その方法です。

 

 

動画の不要な部分の削除(トリミング)

 

トリミングについても一応さっとやり方を説明しますね。

 

Windows10の場合、「フォト」と言うソフトが最初から入っていますね。

 

・・・と思ったら、PowerShellで削除済みだったため、以下のMicrosoftサイトからダウンロードしました。

 

Microsoft フォト

 

フォトで動画を開きます。

 

(動画を右クリック→プログラムから開く→フォト)

 

次に、動画のどこでも良いので1回クリックして上部に「編集と作成」を表示させます。そして「トリミング」をクリックします。

 

(右クリックのメニューからでもOK!)

 

 

白い丸印を左右に動かして、初めと終わりを決めます。

 

 

白い横棒の範囲が、切り取った後の動画になります。

 

グレーの横棒が、捨てる範囲です。

 

この際、青い丸のことは一旦忘れて下さい。

 

範囲の指定が終わったら、上部メニューの「コピーの保存」をします。

 

 

動画のサイズを小さくする方法(圧縮方法)

 

本題の、動画のサイズを小さくする方法(圧縮方法)です。

 

XMedia Recodeというソフトを使います。

 

動画編集ソフトは色々ありますが、SEO等で検索上位に表示されるソフトよりも「日本の企業がある程度、使用感などを精査済みのソフト」という視点から窓の杜かベクターで探すのが良いかなと感じました。(単なる個人的な感想です。)

 

今回は窓の杜で更新日時が新しかった動画編集ソフトである「XMedia Recode」というソフトをダウンロードして利用しました。

 

窓の杜 - XMedia Recode

 

備考

 

Windows Media Playerで再生しても、「動画が表示されずに音だけしか再生できない」という動画はVLC Media Playerで正しく再生できる場合が多いです。

 

窓の杜 - VLC Media Player

 

VLC、脆弱性の修正アップデートが度々有りますので自動更新設定はオンが良いかと思います。

 

XMedia Recodeをダウンロードしましたでしょうか。

 

では、まずデスクトップに有る該当の動画ファイルにカーソルを数秒置いて、サイズを確認します。

 

(右クリック、プロパティでもOK!)

 

今回のファイルは394MBでした。

 

 

XMedia Recodeを起動し、

 

・ウィンドウに動画をドラッグ&ドロップし、

 

・プロファイルを(例えば)「YouTube」にし、(必要であれば解像度の設定も変更し)

 

・保存先を確認するか新たに決めます。今回は初期値である「ビデオ」フォルダそのままにしておきました。

 

※今回は元のファイルの拡張子はmp4で、指定したプロファイル「YouTube」もmp4でしたが、例えばプロファイルを「DVD Player」にするとaviに、「Nintendo」にするとmovになります。

 

 

ファイルを選択してから、「オプション」→「ビットレート計算」をクリックします。

 

 

ファイルサイズを入力し「OK」をクリックします。

 

単位はMBです。今回は200と入力しました。

 

 

「リストに追加」をクリックしてから「エンコード」をクリックします。

 

※「リストに追加」をクリックするとエンコードボタンがアクティブになります。

 

処理が開始されるため待ちます。完了のポップアップが出たら終了です。

 

意図したとおりファイルサイズが小さくなりました。

 

上の200MBと入力した画面で音声が2.93MBとあるから、197+3で200MBってことなんかな。

 

 

以上です。

 

 

関連ページ一覧