このディスクにWindowsをインストールすることはできません。の対処方法

「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。」
の対処方法です。

 

※最終的にインストールは可能でしたが2.2TBの壁を超えることはできませんでした。

 

 

 

メインのPCを、Dell Optiplex380(CPU Core2Duo・メモリ 4GB)から
Dell Optiplex990(CPU i7・メモリ16GB)へ変更しました。

 

Dell Optiplex990は、アフィリエイトでスクリプトを流すだけの用途で
去年くらいに購入してたけど、最近は全然電源を入れてなかった筐体です。

 

まずはDell Optiplex990のハードディスクを変更しようと思い、
WDのBLUE 3TBを購入しました。

 

※結局Dell Optiplex990の交換前のハードディスクもWD BLUE(320GB)でした。
※Dell Optiplex380はWD RED 3TBを入れていました。

 

 

 

 

 

WD BLUE(3TB)に交換して、Windows7 64bitをクリーンインストール
しようとすると以下のように表示されました。

 

「このドライブにWindowsをインストールすることはできません。このコンピューターの
ハードウェアでは、このディスクでの起動がサポートされていない可能性があります。
コンピューターのBIOSメニューでこのディスクのコントローラーが有効になっていることを
確認してください」

 

 

 

F12→F2のBIOSのメニューで、SATAオペレーションを見ると
「RAID On」になっていたため、「AHCI」に変更しました。

 

 

 

そしてF12からブートメニューを表示して、レガシーブートでWindwosインストール
ディスクを読むのでは無く、UEFIで読んで起動しました。

 

 

 

以下は前回と同じ画面で想定通りのメッセージでした。

 

「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択された
ディスクには、MBRパーティションテーブルがあります。EFIシステムでは、
GPTディスクのみにWindowsを インストールできます。」

 

 

 

Shiftキー+F10にてコマンドプロンプトを表示させ

diskpart

 

select disk 0

 

clean

 

convert gpt

 

 

 

「最新の情報に更新」をクリック。

 

 

 

良い感じで2.2TBの壁を超えられました。

 

 

 

Cドライブに200GB割り当ててインストールドライブとすることにしました。

 

 

 

結局インストール後、起動しませんでした。

 

さっきの画面で、「ドライバーの読み込み」をしてSATAドライバを
入れ替えてればもしかすると良かったかもしれません。

 

ドライバーを探したり試行するのが面倒だったため、
前回同様2.2TBの壁は超えられなくて良いかと思い諦めました。

 

 

 

普通にレガシーブートでWindowsインストールディスクをDVD起動させました。

 

 

 

先ほどと同様、
Shiftキー+F10にてコマンドプロンプトを表示させ

diskpart

 

select disk 0

 

clean

 

convert gpt

 

 

 

レガシーブートのため、746.5GBはMBRで残りました。

※Windows起動後も、パーティション設定不可

 

i7は、期待したほどの速さはありませんが、速くはなったため
まぁ良かったかなと思いました。