MENU

Windows Virtual PCについて

マウスをウィンドウの外に出す

 

統合機能のインストール前のマウスをウィンドウの外に出すには
「ctrl」+「alt」+「←」
間違えてホストOS上で上記のキーを押すとグラフィックボードによっては
画面が回転してしまいます(笑)
非常に不都合ですね、こりゃ。
Virual PC 2007の時は右「Alt」だったと思う。

 

 

統合機能について

統合機能を有効にすると、リモートデスクトップ接続にてアクセスしている
ことになる。なので、ドメインのグループポリシーでリモートデスクトップ
接続を許可していないユーザーはログインができなくなる。

 

 

共有フォルダへのアクセスについて

ゲストOSから、ホストOSの共有フォルダへアクセスするのに非常に
時間がかかる。デバイスマネージャからネットワークアダプターの設定を
修正することで改善できるかもしれない。
代替案として、ゲストOSとホストOS間のファイルの授受はUSBメモリを
介するのが便利で早い。

 

 

ネットワークアダプターのバインドについて

 

デュアルブートにてWindowsXPとWindows 7を利用していたとする。
Windows XPのVirtual PC 2007で使用していた仮想OSをWindows 7の
Virtual PCで使用する場合、ネットワークアダプターは"接続無し"に
なっているので、修正しておくこと。

 

異なるバージョンのVirtual PC間では、休止させた仮想OSの復帰も不可。