MENU

PowerPointでの資料作成について

PowerPointでの資料作成についてまとめておきます。多分に主観的ではありますが。

 

機会が有ればマイクロソフト製品(SharePointやExchangeサーバー)紹介資料を
作成しておきます。

 

 

インターネットで閲覧できる参考になるパワーポイントでの提案資料が
有れば、随時紹介していこうと思います。
appleのKeynoteっていうものも使えれば楽しそうではありますね。

 

 

資料全体について

青系で落ち着いた資料が良いかもしれない。
レイアウトもシンプルなものが良い。
下段にCopyrightを記述しておく。
1ページにつき20秒程度でお客が理解できる資料。
図や矢印を効果的に使用して能動的にお客の視点移動を促し理解させる。

 

合計20ページ程度の資料を想定しています。

 

1ページ目

タイトル 大フォント
サブタイトル 中フォント
社名 名前 中小フォント
華美にならないこと。
青系が好まれていると思う。
冷静に閲覧できる効果が有ると思う。

 

 

2ページ目

内容の表題を書く。
目次ではなく、大まかな単元5つ程度。
以後のページの起承転結が1目で分かるように。

 

 

3ページ目

図で半分使用する。5秒でお客さんが
今回提案するシステムの利点を分かるように。

 

 

4,5ページ目

今回のシステムを利用していない場合の
煩雑さや欠点を、お客さん視点で書く。

 

 

6ページ目

今回のシステムのキーワード

 

 

7ページ目

利用図を書く。

 

 

8〜14ページ目

今回のシステムの特徴を1ページずつ紹介。

 

 

15ページ目

特徴をポイントとして整理。

・今回のシステムが無くてもできること

 

・今回のシステムで実現する機能

 

・注意点

 

 

16ページ目

まとめ
一番お客さんに取って知りたいこと、
今回のシステムを導入したくなること
を簡潔に書く。2つくらい。

 

 

17〜22ページ目

自社及び製品の紹介

 

 

23ページ目

ロゴ