SoftBank 305SH購入と、microSIMからnanoSIMへはさみでカット。

SoftBank AQUOS CRYSTAL 305SHの中古を約6000円で購入しました。

 

シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)で購入だと10800円(無料チャージ10000円)
なので新品をプリペイドで使う場合はこれも良いね・・・て考えたけど
プリペイドの通話使う前提やったらむっちゃ安いな。

 

自分は、もうシンプルスタイルで2回線埋まっているため
特に検討しませんでした。

 

このスマホは音が良いって書いてありました。
でも今思えば、このスマホを何のために買ったか忘れました。

 

また、シンプルスタイルについては以下のページにまとめました。

 

ソフトバンクのシンプルスタイル(プリペイド携帯電話)を購入する方法

 

 

そして挿入するSIMは、以前購入したシンプルスタイルのハニービーに付いてきた
microSIMを使おうと思います。305SHはnanoSIMのため、SIMのサイズが異なります。

 

シンプルスタイルのmicroSIM。

 

 

 

シンプルスタイルのハニービーと、中古で買った(シンプルスタイルじゃない)305SH。

 

 

 

auのiPhone6PlusのnanoSIMを上に乗せてマジックで切り取り線を入れました。

 

 

nanoSIMの形状を参考に見ながら、はさみで切っていきました。
また、都度nanoSIMアダプターにきれいに収まるか確認しながら切っていきました。

 

 

 

nanoSIMアダプターにきれいに収まりました。
そしてnanoSIMアダプターから外しました。

 

 

 

305SHに挿しました。

 

 

 

「緊急通報のみ」から「SoftBank」に表示が切り替わり、カットしたSIMが
認識されたことが確認できました。電話発信、受信も可能でした。