3月からカケホーダイライトプランの制限が緩和される。

3月からカケホーダイライトプランの制限が緩和された。

 

今まではカケホーダイライトプランとシェアパックを設定している場合、
シェアパックは「15以上」が条件やったけど、この条件が2016年3月1日からは無くなって、
シェアパック5でも10でもカケホーダイライトプランが利用できるとのことだったため変更した。

 

151へ電話し、データプラン(スマホ/タブ)1700円から、
カケホーダイライトプラン1700円に変更した。

 

どちらも「定期契約あり」の移動やから、解約金などは発生しないけど
注意点として、2年縛りはリセットされて、そのプラン変更からまた
2年縛りがはじまる。

 

この点は子回線の月サポが親回線のシェアパックに適用可能
という時と同じく、窓口の人やオペレーターさんによって事前に認識有りの人、
無しの人がおられるため、希望する回答を得られなかった場合は
センター確認をして貰った方が良いかもしれない。

 

まぁ規約を網羅して当意即妙に回答できる人などいないし
それをこちらが期待するのはさすがに違うかな。

 

 

6回線の支払総額

忘れないために6回線の支払総額をメモしました。

 

割引

月々サポート 6回線:-3500x5と-2500=-20000円

 

基本プラン

カケホーダイ 1回線:2700円

 

カケホーダイライト 1回線:1700円

 

データプラン(ルータ) 4回線:1200x4=4800円

 

SPモードメールアドレス

SPモード 2回線:300x2=600円

 

データ通信

シェアパック10:9500円

 

子回線のシェアオプション 5回線:500x5=2500円

 

端末の分割支払金

1回線:3000円

 

合計

6回線合計:約7000円

 

あとはdTV、dマガジン、サイクル保険、moperaUスタンダート、
mopera追加メールアドレス、ペットフィットなど色々契約しています。

 

 

docomo基本プラン一覧

 

 

 

カケホーダイとカケホーダイライトの違い

 

カケホーダイプラン(スマホ/タブ)

定期契約での月額:2700円

 

無料(回数制限なし)

 

 

カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)

定期契約での月額:1700円

 

5分以内の通話が無料(回数制限なし)

 

5分以上は30秒20円

 

5分以上でもファミリー割引の家族間通話は無料