docomo iPhone6、softbank iPhone4を購入!

docomo iPhone6 16GBを4台購入しました。

 

 

4台ともAUからdocomoへのMNPで、以下の割引で一括0円でした。

MNPとシェア15 -30000円

 

家族まとめて割+複数台 -30000円

 

おかえりボーナス -20000円

またポイントを合計12000ポイント貰いました。
iPhone下取りや、ドコモ光無しでも一括0円というのが良かったです。

 

また、一括1万円以上の店ではiPhone下取りが有れば1万円+α割引きという店が
多いですが、各店によってiPhone3シリーズでも良い店、駄目な店が有りました。
iPhone3シリーズは下取り時に製造番号さえ分かれば良いという条件であれば
中古で3000円位で売っていますね。

 

支出は、おおざっぱに言うと以下になるかと思います。

解約月ではないAU2台の解約金計 20000円

 

MNP4台計 20000円

 

有料コンテンツ4台計 4000円

 

音声プラン4台計 15000円

 

シェア15 12500-6800=5700円

 

当日または翌日に以下のことを行おうと思います。

・シェア15をシェア10に変更予約

 

・コンテンツを外す

 

・音声をデータ(ルータ)に変更(151では2回線まで。3回線以降はショップ

にて5万円の預託金が必要。特に面倒では無く、ドコモ銀行に無利子で預ける
ような感覚。3〜12か月後に振込にて返還される。)

 

新たな発見は、

・モペラ付きの回線で、シェアパックをいじると、無関係だと思われたモペラの
wi-fiオプション(永年無料)がシステム上、再契約となる。

 

モペラとしてはモペラの設定変更と認識するようで、モペラから設定変更
完了メールが来る。
mydocomoで確認すると「来月までモペラのwi-fiオプションが無料」と
表示されていたけど、これは再来月は有料ということでは無くて、
結局再来月になれば永年無料に移行するだけ。

 

・スピードモードには、「データパックのスピードモード」と「シェアパックの
スピードモード」が有り、どちらも契約していた場合、(両方の)スピード
モード解約希望時には、正しく両方のスピードモードを解約希望と
伝えなければならない。

その他も勉強不足やってオペレーターさんにお手数をかけた。
正直なところ、これらを事前に把握しておくのは面倒やなと思うけど
マニアックな変更を依頼するからには、依頼前にもう少し勉強して
おくべきやと思った。いつも適当に勢いで携帯とかを買うので・・。

 

また、月々サポートのことをドコモショップの店員の方に念のため
質問すると「子回線群の月々サポート割引を、主回線の
シェアパック10に対して適用していくのは不可能」とのことだったけど、
センターへ電話確認を依頼したら、やっぱり可能で問題無いとのことだった。

 

以前、ドコモショップの店員やった知り合いに、「月々サポート等の割引を
考慮すれば1回線だけ持つよりも複数回線持った方が安い。」と言うと
驚いていたので、当たり前やけど基本的には一般的な使い方をする
多数の利用者のことをより多く考えた提供姿勢でありサービス体系
かと思う、当たり前やけど。

 

docomoへのMNP4回線と最初からある1回線を合計して5回線になったので
1回線のシェア10に残り4回線を入れようと思います。

 

4台のiPhone6 16GBの月々サポートは1台あたり-3500円で、
4台ともプランを税込約1800円(ルータとシェアオプション)にすると以下のように
なるかと思います。

 

1台あたりの月額費用

-3500+1800=維持費0円(-1700円)

 

4台合計すると-1700x4=維持費0円(-6800円)になるかと思います。

 

その-6800円を最初から有る1台に以下のように使おうと思います。

音声2700+SPモード300+9500(シェア10)-6800=5700円

 

5回線合計でも5700円やし、昨日までの以下の
1回線より安くなるというのが変な感じやね。

音声2700+SPモード300+3500(XiデータSパック)=6500円

 

AUの解約月の回線がもう1回線残っているけど、家族へ名義変更して
MNPとか、事前に1回線目を音声をデータへ移動後にAUのをMNPとかで
さらに-1700にするのも良いかと思ったけど、この回線はおかえりボーナスが
貰えない回線ということもあって、そこまでしなくて良いかと思って止めた
・・・その後にネットワーク利用制限:○、アクティベーション:オフでホームボタン
と音量ボタンが動作しない中古のiPhone4 32GBを3000円台で購入しました。
中古iPhoneはどこも在庫が豊富のようでした。

 

そして結局その残っているAUの1回線もdocomo iPhone6 16GBへMNP
しました。一括5万円でした。iPhone4 32GB下取り有りなら一括3万円でした。

 

結局、音声1回線とデータ5回線の合計6回線で以下のようになりました。
1回線だけ持っているよりも複数回線持った方が月額費用が安くなると
言うのは変な感じやね。

音声2700+SPモード300+9500(シェア10)-8500=4000円

 

今回も深く考えずに行ったため間違っているかもしれません。

 

以前、AUのiPhone4Sを買って下駄でdocomo系MVNOのSIMが
使えることを確認して満足して使っていない状態のが有って、
それは人にあげた。

 

今回のiPhone4 32GBは機会が有ればホームボタンのあたりを分解して
みようかなと思います。でもAssistiveTouchでの操作に現状、不満は
感じません。

 

電池の持ちという面からもこの世代くらいの中古iPhoneが3000円くらいだったら
iPhone専用アプリの利用や自宅でアンプなどと繋いでラジコやYouTubeの
連続再生などで常設の音楽プレイヤーとして使うのも良いかと思います。
SIMが無くてもiOSのアップデートやiTunesでの同期なども出来ます。
一応、初期化時用にアクティベーションカードも260円でAmazonで購入しました。

 

また、4Sの場合は中古で8000円くらいですが、4SだとiOS8へアップデートできる
など、4よりもやれることが広がります。

 

 

 

 

関連ページ一覧