MENU

スマートフォンのテザリングについて

スマートフォンのテザリングについてです。

 

 

docomoのSPモードやmoperaUの使用時、テザリングをONにすると
自動的にAPNがdcmtrg.ne.jpに切り替わります。
確認くんで現在のAPNが分かります。

 

FOMAの場合、docomo公式テザリングにてテザリングを有効にすると
月額料金が「外部機器を接続した通信」の上限金額に移行するかと思います。

 

Xiはテザリングをしても料金は変わりません。

 

FOMAでの非公式のテザリング方法は色々なところに掲載されています。

 

■Androidの標準メニューのテザリング項目を表示させる方法でのテザリング

docomoが公式にテザリング実施とアナウンスした2010年秋頃以前の端末
(=強制的にAPNを切り替える設定が無かった時期の端末)での設定例が多いです。

 

 

■ソフトウェア(pdanetやklinkなど)でUSBテザリングする方法

公式にテザリング実施とのアナウンス以降の端末でも可能とのことです。
pdanet無料版ではhttpsでのサイト閲覧不可、有料版では可能とのことでした。

 

klinkと言うソフトも有ります。また、Wireless Tetherというソフトであれば
root権限が必要なのかもしれませんが無線でも出来る様子です。
pdanetもklinkも実施時、APNは変わらないためmoperaUで有れば
動的グローバルIPアドレス(docomoのNAT装置で変換されない)で
テザリング、となります。