MENU

暗号化ソフト「CompuSec SW」の設定

CompuSec SW(コンピュセック)はハードディスクを暗号化するソフトで
キヤノンITソリューションズが提供しています。値段は9800円でした。
現在使用しているシステムディスクも暗号化できるのが強みです。

 

 

注意点

2TB以上のハードディスクを利用する際は、ハードディスクを初期化する時に
ディスクのパーテーションスタイルはGPT(GUIDパーティションテーブル)かと思う
のですが、GPTの場合はCompuSec SWは使用不可です。
今回はパーテーションスタイルがMBR(マスターブートレコード)であるもの
でインストールしました。

 

暗号化ソフト「CompuSec SW」のインストール方法

CompuSec SWを以下からダウンロードしインストールした。
VectorのCompuSec SWダウンロードページ
21日間使用可能な体験版をインストールし、その後支払いとの流れとのこと。

 

※ダウンロード版より2000円ほど高いパッケージ版も有ります。

CompuSec SW Ver.5.2
CompuSec SW Ver.5.2
posted with amazlet at 14.09.12
キヤノンITソリューションズ (2010-04-23)
売り上げランキング: 1,996

 

支払い未完了の表示がこの上なく頻繁にポップアップされる。
このうざい状態で、21日間使い続られればすごい。

 

「CompuSecインストール完了後、正常にWindowsが起動することを確認してから
「作業中に暗号化」を設定し、暗号化する」とのこと
 ・・・だが再起動後どこで「作業中に暗号化」を選べるのかは載ってない・・。

 

結局、インストール後に「CompuSecインストールとサービス」を起動し
「サービスとアップデート」を選択した画面に有った。

 

「作業中に暗号化」を選択。
何も起こらない。
イマイチファイル暗号化されたか不明。

 

再起動したら、windows起動前に、Compu Secの画面で
ハードディスク暗号化処理の実施を問われたので実行した。

 

もう一度「CompuSecインストールとサービス」から
「ハードディスク暗号化の管理」を選択すると、
現在のステータス「暗号化作業中」となっていた。

 

その後の進捗率はタスクバーの砂時計アイコンをクリックすると
残り時間と%が分かる。

 

あとでHDD抜き取って他のPCにUSB接続して、暗号化された中身を見てみよう。

 

支払いは
[ 補足案内 ] CompuSec 支払い画面の呼び出し
[スタート] -> すべてのプログラム -> Security ->
CompuSec サービス -> サービスとアップデート
にて呼び出して、支払う。

 

ユーザー登録も完了させた。

 

 

※PC入れ替え時には、「製品購入時のライセンス番号と支払証明コードに
戻すためにサポートセンターにライセンス番号と支払証明コードをご連絡
ください。」との記載が以下の公式サイトに有りました。

 

PC入れ替え時のCompuSecライセンスの考え方について