MENU

お名前.comでのセカンダリDNSサーバ設定方法

お名前.comでのセカンダリDNSサーバ設定方法です。

 

プライマリDNSサーバを自構築のDNSサーバ等で運用している際の
セカンダリDNSサーバの設定方法です。
DNSゾーン転送でゾーンを共有することにより、DNSが冗長出来ますね。
お名前.comでのセカンダリDNSサーバの設定自体は無料です。

※ドメインNavi上でその独自ドメインを操作出来る状態になっている必要があります。

 

 

本ページの目次

 

 

 

お名前.comでのセカンダリDNSサーバの設定

ドメインNaviへログインし、
「ネームサーバーの設定」→「DNS関連機能の設定」をクリックします。

 

 

 

「セカンダリDNSを利用する」の「設定する」をクリックします。

 

 

 

該当のドメイン名を選択し、「入力画面へ進む」をクリックします。

 

 

 

プライマリネームサーバ IPアドレスにプライマリDNSサーバのIPアドレスを入力し
「確認画面へ進む」をクリックします。

 

 

 

「設定する」をクリックします。以上でセカンダリDNSサーバ側の設定は完了です。

 

 

 

プライマリDNSサーバでのゾーン転送設定

プライマリDNSサーバでゾーン転送設定を行います。
bindで有ればallow-transferにて「2nd.dnsv.jp (210.172.129.81)」を指定します。

 

zone "example.com" {
type master;
file "example.com";
allow-transfer {
210.172.129.81;
};
};

 

 

 

ゾーン転送確認

nslookupやdig等で確認します。

 

使用するDNSサーバをセカンダリDNSサーバと指定し
そのゾーンの名前解決が出来るか確認します。

 

権威サーバとしてそのゾーンの名前解決が出来れば確認完了です。

 

 

 

強制的にゾーン転送を行わせるにはプライマリDNSサーバのnamedサービスの
再起動や、セカンダリDNSサーバの編集等かと思います。

 

プライマリ、セカンダリ共に自構築のDNSサーバの時は、よくセカンダリDNSサーバの
namedサービスの再起動でゾーンの同期を行っていました。

 

 

WHOIS情報確認

 

※上記の操作でWHOIS情報も更新されるのかと思いますが、詳細は不明です。

 

WHOIS情報を確認し
DNSサーバ情報が更新されたことを確認します。

 

スポンサードリンク