エックスサーバー SSH接続方法は?

エックスサーバではどのプランでもサーバへSSH接続出来ます。

 

また、SSHでの接続方式には公開鍵認証方式、パスワード認証方式の2つが有りますが、エックスサーバでは公開鍵認証方式のみ可能です。

 

パスワード認証方式はユーザー名とパスワードが漏洩した場合他者がログインできますが、公開鍵認証の場合はユーザー名とパスフレーズが漏洩しても、秘密鍵が漏洩しない限り他者はログイン不可であるためより安全かと思います。

 

SSH接続ソフトはTeraTermを使用しました。

 

 

本ページの目次

 

SSHのオンと公開鍵認証用鍵ペアの生成/保存

 

まず、「SSH設定」をクリックします。

 

 

 

「ONにする」をクリックします。

 

 

 

まだ公開鍵認証用鍵ペアの生成を行っていない場合は、「公開鍵認証用鍵ペアの生成」をクリックし、推測されにくいパスフレーズを入力し「公開鍵認証用の鍵ペア生成(確定)」をクリックします。

 

※パスフレーズには文字数の制限が有ります。

 

 

 

「保存」をクリックし、パソコンに秘密鍵を保管します。

 

 

手動でのSSH接続方法

 

SSH接続ソフトはTera Termを使用しました。

 

「ファイル」→「新しい接続」をクリックします。

 

 

 

ホスト名に、契約した初期ドメインを入力しTCPポートに「10022」と入力し「OK」をクリックします。

 

 

 

「続行」をクリックします。

 

 

 

ユーザー名、パスフレーズを入力し、秘密鍵を選択し「OK」をクリックします。

 

 

 

サーバに接続することが出来ました。

 

 

テラタームマクロでの自動ログイン、自動コマンド入力

 

Tera TermのマクロでttlファイルのダブルクリックのみでSSHでのログインからコマンド入力までが行えます。

 

手入力よりは楽ですね。

 

しかしながら、平文で記載されたマクロファイルを作成するなど、安全面では手入力より劣りますので利用には熟慮の上、要否を判断願います。

 

「xserver_login.ttl」

 

connect 'example.xsrv.jp:10022 /ssh /2 /auth=publickey /user=ユーザー名 /passwd=コンパネで作成したパスフレーズ /keyfile="C:\kagi.key"'

 

wait '$ '

 

sendln 'll'

 

※折り返していますが、正しくは3行です。

 

※SSH接続にて使用する一般的なポートはtcp/22です。エックスサーバではtcp/10022です。

 

※「/keyfile="キーファイルのフルパス"」です。

 

※簡単にログインと言う意味では本末転倒かもしれませんがパスフレーズ等が記載されたファイルですので、ttlファイルをパスワード設定し暗号化するなどした方が安全です。

 

また、秘密鍵についても漏洩してはいけないファイルですので適切に保管して下さい。

 

 

上記マクロをダブルクリックすると、エックスサーバへのログインから「ll」コマンド入力までが完了します。

 

 

関連ページ一覧