エックスサーバー ホームページの「サイト転送設定」

「サイト転送設定」については、サーバーパネルの「ホームページ」の「サイト転送設定」からアクセスできます。

 

各ドメインのトップページ(http://example.com/)や個別ページ(http://example.com/dir/a.htmlなど)に設定でいます。

 

転送先(リダイレクト先)は内部のページでも、外部の特定のページでも構いません。

 

設定すると、.htaccessファイルの最後に以下の1行が追記されます。

Redirect permanent 転送元 転送先

 

また、トップページの転送設定(あるドメインのトップページを別のドメインのトップページへ転送する設定)を完了すると、配下のディレクトリにアクセスした際の挙動は以下のようになります。

 

転送元:http://a.com/ (各ドメインのトップページ)

 

転送先:http://b.com/

 

と設定した場合、

 

http://a.com/dir/example.html

 

へアクセスすると

 

http://b.com/dir/example.html

 

へ転送されます。

 

※設定を行うと.htaccessファイルには以下のように記述されます。

Redirect permanent / http://b.com

 

 

また、サーバーパネルから転送設定を行った時には以下の2点の注意点があります。

 

注意点1

サーバーパネルでアクセス拒否設定や転送設定を行っても、何日か経つと勝手に設定が消えてる・・ということは有りませんか?

 

.htaccessファイルを生成するホームページ作成ソフトを使用している方や.htaccessを編集してアップロードしている方は注意が必要ですね。

 

サーバーパネルでのアクセス拒否設定や転送設定=「.htaccessの変更」ということを知らない方も注意しておきましょう。

 

サーバーパネルでアクセス拒否設定や転送設定を完了していても、FTP接続を行い自分のパソコンの.htaccessをWEBサーバへ上書きアップロードした時点で設定がクリアされ、元に戻ってしまいます。

 

そのため、サーバーパネルでアクセス拒否設定や転送設定を行った後は、FTP接続時、自分のパソコンの.htaccessを上書きアップロードしないようにするか事前に設定済みのWEBサーバ側の.htaccessをダウンロードし、自分のパソコンのアップロード用ディレクトリに配置しておきましょう。

 

 

注意点2

サーバーパネルで転送設定を行った後に、転送設定を止めてクリアしたとしても1度でもIEで転送されることを確認していた方は、転送設定初期化後にIEでアクセスしても転送され続けます。

 

※Chrome(クローム)では問題ありませんでした。

 

※転送設定後のHTMLページ(のパケット)は以下です。

 

HTTPステータスコードは301 Moved Permanently(恒久的な移動)となっていますね。

 

・・・転送され続ける問題を解決するにはIEの「ツール」→「InPrivate」ブラウズからアクセスしましょう。

 

転送が行われなくなり、以後はInPrivateブラウズで無くても転送は行われなくなります。

 

関連ページ一覧