エックスサーバー ホームページの「「エラーページ設定」

「エラーページ設定」については、サーバーパネルの「ホームページ」の「エラーページ設定」からアクセスできます。

 

各独自ドメインまたは*.xsrv.jpのエラーページを自分で作成したHTMLファイルに変えることができます。

 

 

独自のHTMLファイルを設定できるHTTPステータスコードのエラーコードは以下です。

 

クライアントエラー

 

400 Bad Request リクエスト不正。URL間違い等

 

401 Unauthorized 認証が必要。認証失敗

 

403 Forbidden アクセス拒否。アクセス権無し

 

404 Not Found ファイル無し

 

 

サーバエラー

 

500 Internal Server Error 内部サーバーエラー。CGI設定エラー等。

 

510 Not Extended 拡張不可、サーバー負荷による制限。

 

 

独自エラーページ未設定時のindex.htmlなどが無い場合に返す画面。

 

403 Forbidden(アクセス拒否)画面が返されます。

 

 

また、本項とはあまり関係ありませんが、転送(リダイレクト)設定を行った後のHTMLページ(のパケット)は以下です。

 

HTTPステータスコードは301 Moved Permanently(恒久的な移動)となっていますね。

 

 

関連ページ一覧