エックスサーバー 1つのSSL証明書でwww有り/www無しのドメインのHTTPS化ができる?

はじめに、エックスサーバではSSL証明書の適用方法は2種類有ります。

 

※SNI SSL証明書の取得から設定方法は別のページに記載しました。

 

専用のSSL証明書

独自ドメインのURLがHTTPS化されます。

 

エックスサーバで用意されている3社の証明書から選択し購入します。

 

値段は初期費用含めて1年間2〜4万円です。

 

http://www.example.com/をHTTPS化するとhttps://example.com/https://www.example.com/となります。

 

2Way証明書のためwww有り無しともにHTTP化されます。

 

その詳細は後述します。

 

また、初期ドメイン(example.xsrv.jp)はSSL証明書を取得することはできません。

 

 

共有SSL証明書

無料です。

 

独自ドメインであるhttp://example.com/で共有SSLを適用するとhttps://example-com.ssl-xserver.jp/でHTTPSアクセスが出来るようになります。

 

エックスサーバー社自身で持っているssl-xserver.jpのワイルドカード証明書を使う形です。

 

初期ドメインで設定した場合はhttp://example.xsrv.jp/https://example-xsrvjp.ssl-xserver.jp/でアクセスできるようになります。

 

 

以下から「独自ドメインへのSSL証明書設定時、1つのSSL証明書でwww有り/www無しのドメインのHTTPS化ができる?」についてです。

 

 

→はい、できます。

 

その場合はSSL証明書の新規取得時にコモンネームにwwwを付けた名前で申し込みます。

 

すると、以下のどちらもHTTP化できます。

 

そのSSL証明書の名称はグローバルサイン社で言うところの2wayのSSL証明書です。

www.example.com

 

example.com

 

この2WayのSSL証明書の注意点は以下の2点です。

www無しのURLへHTTPSアクセスした際はサイトシールの利用等が出来ません。

 

エックスサーバで購入できる3社のSSL証明書のうち、グローバルサイン、ジオトラストについてはサイトシールが有ります。

 

サイトシールとは、その認証サービスを利用していることを証明するシール(バナーのような形)です。

 

SSL証明書を利用していると掲示することによってサイトの信頼性を上げる効果を狙っています。

 

サブドメインでの利用は出来ません。

 

サブドメインの前にwwwを付けるドメイン名をHTTPS化したい場合、上述のようにwwwを付けた名前で申し込んでも、www無しのHTTPS化はできません。

 

よって、以下のドメインをHTTPS化するには

www.sub.example.com

 

sub.example.com

2つの証明書が必要になります。

 

 

エックスサーバでのSSL証明書の取得について

専用のSSL証明書の取得は、インフォパネルの左メニューの「追加のお申し込み」から行えます。

 

共有SSL証明書の適用はサーバーパネルの「ドメイン」の「SSL設定」から設定します。

 

 

エックスサーバー社で保有しているSSL証明書について

エックスサーバー社で保有しているSSL証明書のうち、以下の2つの内容を確認しました。

 

共有SSL証明書

発行対象の一般名称(コモンネーム CN): *.ssl-xserver.jp

 

発行者の一般名称: RapidSSL SHA256 CA - G3

 

組織(organization): GeoTrust Inc.

 

証明書の発行日: 2014年11月末

 

証明書の有効期限: 2018年12月末

 

www.xserver.ne.jpのSSL証明書

 

インフォパネル、サーバーパネル、ファイルマネージャ、WEBメールへのログインはこのSSL証明書を利用するため、ID/パスワードが平文で流れることは有りません。

 

発行対象の一般名称: www.xserver.ne.jp

 

発行者の一般名称: GeoTrust DV SSL CA

 

組織(organization): GeoTrust Inc.

 

部門(OU): Domain Validated SSL

 

証明書の発行日: 去年の12月末

 

有効期限: 今年の12月末

 

関連ページ一覧