MENU

CentOS6の基本設定

CentOS6の基本設定です。

 

 

VMwarePlayerでビープ音を消す設定

C:\Users(ユーザー)\ログインユーザー名\AppData\Roaming\VMware\preferences.ini

を編集し、

mks.noBeep = "TRUE"

を追加し再起動します。

 

GNOME端末でのビープ音を消す設定

メニューバーの「システム」-「設定」-「サウンド」-「ビープ音」タブの
「システムのビープ音を有効にする」のチェックを外す。

 

ランレベル編集

3は、マルチユーザモード(テキストログイン)
5は、マルチユーザーモード(グラフィカルログイン)
/etc/inittab

 

ネットワーク設定

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes
IPADDR=172.20.0.1
NETMASK=255.255.0.0
GATEWAY=172.20.0.250
TYPE=Ethernet

 

ifdown eth0

 

ifup eth0

 

自マシンが利用するDNSサーバ情報

今回はDNSサーバを作成するためnameserverは自分としました。

/etc/resolv.conf

 

windowsで言うDNSサフィックスみたいな感じです。
名前解決時に「domain」項で書いたのを補完してくれます。

例:domain a.b.c.jp

 

「serch」項では複数指定可能です。

例:search a.b.c.jp d.e.f.jp

 

結局今回のresolv.confは以下のようにしました。

search a.b.c.com d.e.f.com
nameserver 172.20.0.1

 

またdomainとsearchは排他的な設定項目です。両方の設定項目が記述
されている場合は最後に記述された設定項目が適用されます。

 

参照元

 

 

ホスト名(・ゲートウェイ)等

/etc/sysconfig/network

 

NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=no
HOSTNAME=ns1

shutdown -r now

 

※「/etc/sysconfig/network」の設定例
NETWORKING=Yes @
HOSTNAME=ns1,a.b.c.com A
GATEWAY=192.168.1.1 B

 

@「yes」は、システム起動時にネットワークを有効にするという設定
A マシンのホスト名をFQDN形式(ホスト名+ドメイン名)で設定
B デフォルト・ゲートウェイ(ルータ)のIPアドレスを設定