MENU

VNC(リモートデスクトップ接続ソフト)のインストール方法

WindowsからCentOSへVNCでリモートデスクトップ接続するための設定を行いました。

 

※VNCのインストールについては以下のページに詳しく記載しました。

 

参照ページ

 

 

現在の自環境

 

外出先のWindowsXPから自宅BBルータへVPN接続し、

 

・Windows7 x64

 

・Windows Server 2008 R2(Windows7のVirtual PC)

 

※ドメインコントローラとHyper-Vマネージャ利用

 

・Hyper-V Server R2

 

・CentOS 5.5 x64(Hyper-V Server R2の仮想OS。

Hyper-V Server R2の起動時に自動起動)

 

をWakeOnLanで起動させて、Hyper-VマネージャからCentOS5.5を
操作しています。

 

Windows7とHyper-V Server R2は裏側でも別のIPアドレスを使用して
ルータとL2スイッチを経由して繋がっています。
今回のそもそものCentOSインストールする意味は
ルータとL2スイッチのコマンド試行、及び設定後の通信確認です。
Windows7--- ルータ --- L2 ---CentOSって言う感じで配置しています。

 

Windows7やWindowsServer2008R2を起動させるのはリソースの無駄なので
今後はWindowsXPから直接CentOS5.5へリモート接続します。

 

 

vnc-serverのインストール

まず、vnc-serverをインストールします。

[root@localhost ~]# yum -y install vnc-server

 

インストール後、vnc-serverを起動します。
この時、パスワードも設定します。

[root@localhost ~]# vncserver -geometry 800x600

 

パスワード設定後、表示されたログの最終行、

「Log file is /root/.vnc/localhost.localdomain:1.log」

でディスプレイ番号が「1」で有ることを確認しておきます。

 

リモート接続に使用するポートは
5900+ディスプレイ番号なので5901です。

 

ファイアウォール設定でTCP 5901を開けます。

[root@localhost ~]# system-config-securitylevel

「custmize」ボタンを押し、「other port」項に
「5901:tcp」と入力していき、設定します。

 

WindowsXPを操作し、リモート接続のクライアントソフトを
以下からダウンロード、インストールします。
ダウンロードするものは「FreeEdition」です。
http://www.realvnc.com/products/download.html

 

インストール後「VNC Viewer 4」を起動します。

 

接続先は、「CentOSのIPアドレス:ディスプレイ番号」です。
自環境では「172.16.0.180:1」と入力しました。

 

先ほど設定したパスワードを入力します。

 

接続できることを確認します。

 

グレーの画面にチェックボックスが3つ有りました。

 

一旦接続画面を閉じます。

 

 

リモート接続時、GNOMEで起動する設定

vncserverを停止します。

[root@localhost ~]# vncserver -kill :1
[root@localhost ~]# yum groupinstall"X Window System""GNOME Desktop Environment"

 

インストール完了後、以下のコマンドでGUIを起動可能です。

[root@localhost ~]# startx

GUIからlogoutを行うとCUIに戻ります。

 

CentOSの起動時に常にGUIで起動してくるようにするには、
デフォルトランレベルを3から5へ変更する。
/etc/inittabを編集し、id:5:initdefault: へ変更。

 

 

リモート接続時にGNOMEが起動するようにします。

[root@localhost ~]# vi /root/.vnc/xstartup

最後の行を以下のように変更します。

 

#twm &
exec gnome-session &

 

 

再起動後、

[root@localhost ~]# vncserver -geometry 800x600

と入力した後、WindowsXPからVNCでリモート接続し、
GUI画面が表示されることを確認します。

 

 

vncserverの自動起動設定

vncserverが自動起動するようにしておきます。

[root@localhost ~]# chkconfig vncserver on

 

設定が反映されたことを確認します。

[root@localhost ~]# chkconfig --list | grep vnc

 

[root@localhost ~]# vi /etc/sysconfig/vncservers

下方の行のコメントアウトを削除し、

VNCSERVERS="1:root"
VNCSERVERARGS[1]="-geometry 800x600"

と変更しました。

 

再起動します。
再起動後、WindowsXPからVNCでリモート接続し、
正しくGUI画面が表示されればリモート接続設定は完了です。