MENU

GNOME端末での作業ログ保存方法

GNOME端末での作業ログ保存方法です。

 

 

まず新規ドキュメントを作成し、以下のコマンドを記述します。

script -a ~/`date +%Y%m%d_%H%M%S`.log

 

 

「script」について

出力をログに記録することができる。

 

「~」について

ホームディレクトリを表す。

 

「`」について

囲んだ文字列をコマンドとして解釈し、実行する。

読み方 バッククォート
入力方法「Shift」+「@」

 

 

その後、
/usr/local/binへ「gnomelog」と言うファイル名で保存します。
保存形式についても、文字化けしないように適切な形式を選択します。

 

「gnomelog」のアクセス権を表示し、「実行権:プログラムとして実行する
ことを許す」にチェックを入れた後、「閉じる」をクリックします。

 

メニューバーから「アプリケーション」-「アクセサリ」-「GNOME端末」の
右クリックメニューを開き、「GNOME端末」アイコンをデスクトップに置きます。

 

デスクトップの「GNOME端末」アイコンのプロパティを表示します。
「ランチャ」タブに移動し、「コマンド」項を以下のように編集します。

gnome-terminal -x gnomelog

以上で設定終了です。

 

以降はデスクトップの「GNOME端末」アイコンを
起動するたびにログの記録が始まります。

 

※メニューバーの「アプリケーション」-「アクセサリ」-「GNOME端末」から
起動した場合はログの記録は行われません。

 

ログはrootフォルダへ格納されます。

 

記録を終了する場合はexitと入力します。

※exitを入力せずにGNOME端末を終了した場合はログは保存されません。

 

ログ取得を忘れた時などは
historyコマンドで、コマンド履歴を確認することが可能です。

 

 

その後、ログを成形するには再度GNOME端末を起動し、

tr '^[,^G' '^M' < 成形したいログ名 > 成形後のログ名

と入力します。

 

 

●備考1

^から始まる文字は制御コードであるため、
^を入力するには「ctrlキー」+「v」キーを、
^の次の文字を入力するには「ctrlキー」を押しながら該当キーを押して下さい。

 

●備考2

文字を置換するtrコマンドを使用して、制御コードの
^[ と ^G を ^M へ変換しています。

 

●備考3

viエディタでログを見ると、制御コードを見ることができます。

 

●備考4

バイナリファイルとしてログを見るには

od -c ログ名

です。今回の作業では使用しません。

 

参照ページ
制御コード表