MENU

xhostコマンドの使い方

 

 

Xサーバー側でXアプリケーションを実行したいホスト名を
指定(アクセス許可)します。

[root@centos52 ~]# xhost +ホスト名

 

今回は全ホストを許可します。

[root@centos52 ~]# xhost +

 

※アクセスを拒否する場合は「-」で指定します。

[root@centos52 ~]# xhost -ホスト名
[root@centos52 ~]# xhost -

 

 

Xクライアント側で以下のように設定します。
書式は以下です。

DISPLAY=Xサーバー名:ディスプレイ番号.スクリーン番号

 

[root@centos52_NO2 ~]# DISPLAY=192.168.179.128:0.0

 

[root@centos52_NO2 ~]# export DISPLAY

 

[root@centos52_NO2 ~]# env | grep DISPLAY

DISPLAY=192.168.179.128:0.0

 

その後「gnome-terminal」と入力すると、Xサーバー側で
GNOME端末が表示されます。

[root@centos52_NO2 ~]# gnome-terminal

※画面を消すにはctrl+cキーを押します。