MENU

WordPressのインストール方法

WordPressのインストール方法です。
CentOS7にインストールしました。

 

 

本ページの目次

 

 

 

Apacheのインストール

yum install httpd

 

■httpdの起動

systemctl start httpd

 

■httpdの自動起動

systemctl enable httpd

 

 

 

PHPのインストール

yum install php php-mysql php-mbstring php-gd

 

 

 

mariaDBのインストール

yum install mariadb-server

 

■mariadbの起動

systemctl start mariadb

 

■mariadbの自動起動

systemctl enable mariadb

 

 

 

データベースの作成

mysql -u root -p

Enter password:

 

Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 60
Server version: 5.5.40-MariaDB MariaDB Server

 

Copyright (c) 2000, 2014, Oracle, Monty Program Ab and others.

 

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

 

■データベースを作成します。データベース名はwordpressとしました。

MariaDB [(none)]> create database wordpress;

 

■データベースが作成されたことを確認します。

MariaDB [(none)]> show databases;

+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql |
| performance_schema |
| test |
| wordpress |
+--------------------+
5 rows in set (0.01 sec)

 

■作成したデータベースを実行できるユーザーを作成します。

MariaDB [(none)]> grant all privileges on wordpress.* to ユーザー名@localhost identified by 'パスワード';

 

■ユーザーのテーブルを再読み込みします。

MariaDB [(none)]> flush privileges;

 

■権限を確認します。

MariaDB [(none)]> show grants for ユーザー名@localhost;

+----------------------------------------+
| Grants for ユーザー名@localhost |
+----------------------------------------+
| GRANT USAGE ON *.* TO 'ユーザー名'@'localhost' IDENTIFIED BY PASSWORD '***' |
| GRANT ALL PRIVILEGES ON `wordpress`.* TO 'ユーザー名'@'localhost' |
+----------------------------------------+
2 rows in set (0.00 sec)

 

MariaDB [(none)]> exit

 

※行を分けて入力する時、「->」は\cで抜けることが出来ます。

 

 

 

WordPressのインストール

 

wget http://ja.wordpress.org/wordpress-4.1-ja.zip

 

unzip wordpress-4.1-ja.zip

 

■wordpressフォルダをドキュメントルートにするために移動する

mv wordpress /var/www

 

■WEBから実行できるようにwordpressフォルダ以下の所有者をapacheに変更

chown -R apache. /var/www/wordpress

 

■apacheの設定ファイルの変更

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

#ServerName www.example.com:80

ServerName ドメイン名:80

 

DocumentRoot "/var/www/html"

DocumentRoot "/var/www/wordpress"

 

■apacheの再起動

systemctl restart httpd

 

 

 

ファイアウォールの設定

tcp/80を開けます。

 

※ServersMan@VPSのCentOS7はiptablesで、
通常のCentOS7ではfirewalldで設定します。

 

 

・firewalldの場合

 

■ゾーンにサービスを追加する
firewall-cmd --zone=ゾーン名(publicやdmzなど) --add-service=http --permanent

 

※またはゾーンにポートを追加する

firewall-cmd --zone=ゾーン名(publicやdmzなど) --add-port=80/tcp --permanent

 

■動的に反映する
firewall-cmd --reload

 

■全ゾーンの設定値の確認
firewall-cmd --list-all-zones

 

 

・iptablesの場合

 

vi /etc/sysconfig/iptables

-A INPUT -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 80 -j ACCEPT

 

■iptablesの再起動

systemctl restart iptables

 

 

 

WordPressのWEB設定

 

WEBブラウザから自分のIPアドレスへアクセスし「さあ、始めましょう!」をクリックします。

 

 

 

各情報を入力し「送信」をクリックします。

 

 

 

「インストール実行」をクリックします。

 

 

 

「WordPressをインストール」をクリックします。

 

 

 

「ログイン」をクリックします。

 

 

 

「ユーザー名」、「パスワード」を入力し「ログイン」をクリックします。

 

 

 

「お使いのブラウザは安全ではありません!」と表示されていたのでMicrosoftで
IEのバージョンを確認しました。

 

 

Windows7では現在のブラウザが最新と表示されました。

 

 

 

「投稿一覧」をクリックします。

 

 

 

「新規追加」をクリックします。

 

 

 

投稿を行います。

 

 

 

正しく投稿されました。

 

 

 

スマートフォンからも確認しました。

 

 

ちなみにワードプレスの有料テンプレートはこの賢威というのがダントツで
人気だと思います。美容院サイトとか、おしゃれです。

 


SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」。レスポンシブWebデザインにも対応!パンダアップデート・ペンギンアップデートで悩むサイトオーナー様必見のSEOマニュアルが付属!