MENU

MACアドレステーブルとARPテーブルについて

MACアドレステーブルとARPテーブルについて整理します。

 

 

 

リピーターハブは

テーブルを持っていない。受信したパケットを全てのポートに中継する。

 

 

L2スイッチは

・MACアドレステーブル
を持っている。

 

 

L2スイッチの中でもインテリジェントスイッチ(IPアドレスを振れるスイッチ)は

・MACアドレステーブル
・自分用にARPテーブルを持ってる。ルーティングする訳では無い。

 

 

L3スイッチは

・MACアドレステーブル

 

・ARPテーブル

 

・ルーティングテーブル
を持っている。
※L3スイッチは、FDBでルーティングテーブルとARPテーブルを一元管理している。

 

 

MACアドレステーブルのエージングタイマ

使われていないポート情報は削除される。
デフォルトは300秒。
確認するには
show mac-address-table aging-time

 

変更するには
(config)#mac-address-table aging-time 秒

 

参照サイト
http://atnetwork.info/ccna3/show_mac_address.html
http://piyopiyoko.hp.infoseek.co.jp/ccna/switch/switch-kihon.html

 

 

 

ARPテーブル

ARPテーブルのタイムアウト時間はデフォルトで14,400秒=240分=4時間。
削除するには
R1#clear arp-cache

 

タイムアウト時間設定は
(config-if)#arp timeout 秒

 

参照サイト
http://netserc.blog63.fc2.com/blog-entry-177.html
http://atnetwork.info/ccna2/arp08.html

 

 

Packet Tracerの2960-24TT(L2スイッチ インテリジェントスイッチ)

 

Switch#show mac-address-table

Mac Address Table
-------------------------------------------

 

Vlan Mac Address Type Ports
---- ----------- -------- -----

 

1 0001.c967.a102 DYNAMIC Fa0/2
1 00e0.b094.1401 DYNAMIC Fa0/1

 

 

 

Switch#sh arp

Protocol Address Age (min) Hardware Addr Type Interface
Internet 192.168.0.1 0 00E0.B094.1401 ARPA Vlan1
Internet 192.168.0.10 - 0001.6407.BB0D ARPA Vlan1

 

 

GNS3のCisco7200(ルーター)

 

show arp。インターフェースも載ってるね。
R4#sh arp

Protocol Address Age (min) Hardware Addr Type Interface
Internet 10.0.0.1 - ca04.14ec.001c ARPA FastEthernet1/0
Internet 172.17.0.1 - ca04.14ec.0006 ARPA FastEthernet0/1
Internet 172.16.0.1 - ca04.14ec.0008 ARPA FastEthernet0/0
Internet 172.16.0.2 44 ca02.0cf8.0008 ARPA FastEthernet0/0
Internet 172.17.0.2 44 ca03.0cf8.0008 ARPA FastEthernet0/1
Internet 10.0.0.200 42 ca00.15fc.001c ARPA FastEthernet1/0

 

 

 

R4#sh ip route

Codes: C - connected, S - static, R - RIP, M - mobile, B - BGP
D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2
i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
o - ODR, P - periodic downloaded static route

 

Gateway of last resort is not set

 

1.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
O 1.1.1.0 [110/2] via 172.17.0.2, 00:45:21, FastEthernet0/1
[110/2] via 172.16.0.2, 00:45:21, FastEthernet0/0
C 172.17.0.0/16 is directly connected, FastEthernet0/1
C 172.16.0.0/16 is directly connected, FastEthernet0/0
C 10.0.0.0/8 is directly connected, FastEthernet1/0
O 192.168.0.0/24 [110/2] via 172.17.0.2, 00:45:21, FastEthernet0/1
[110/2] via 172.16.0.2, 00:45:21, FastEthernet0/0

 

 

L3スイッチ

FDBを持っている。Forwarding DataBase。

 

 

FDB(Forwarding DataBase) とは

通常のL3機器では、経路情報とARP情報が別々のテーブルにて
管理されるが、L3スイッチにおいてはFDBにより経路情報と
ARP情報が一元管理される。

 

L3スイッチのFDB

宛先ネット マスク 次ノード MACアドレス ポート
10.0.0.0  255.0.0.0 192.168.0.1 00:00:C0:11:11:11 1
172.16.0.0 255.255.0.0 192.168.0.2 00:00:C0:22:22:22 9
0.0.0.0  0.0.0.0 192.168.0.3 00:00:C0:33:33:33 17

 

引用元
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A43%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81

 

 

パケットの中身について

 

 

Gratuitous ARP/グラチュータスARP/余計な,無償ARP

自身のIPアドレスをリクエストするためのARPパケットのこと。
同一ネットワーク内のIPアドレスの重複をチェックする。
ネットワーク上の他のホストに対してARPテーブルを更新するよう通知する。

 

引用元
http://www.7key.jp/nw/tcpip/ip/garp.html

 

参照サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/Gratuitous_ARP
http://tokyo.cool.ne.jp/mots/notes/arp.html