WXR-1900DHPの概要

WXR-1900DHPの概要です。
発売日は2014年10月です。

 

バッファローで白の無線ルータって珍しいですね。最上位の機種ということで
分かりやすいですね。個人的に一番の特徴はVPNがIPsecも選べるということです。

 

 

 

BUFFALO【iphone6 対応】11ac/n/a/b/g 無線LAN親機(Wi-Fiルーター)エアステーション AOSS2 ハイパワー Giga 1GHzデュアルコアCPU搭載 1300+600Mbps WXR-1900DHP (利用推奨環境6人・4LDK・3階建)

 

特長

BUFFALOの最上位機種(2015年9月現在)で
5GHz帯は11ac、11n、aが利用可能です。
2.4GHz帯は11n、g、bが利用可能です。

 

家庭用ルータに1GHz デュアルコア搭載というのがすごいですね。
時代の流れを感じます。
しかも1つ前の世代のPCのCPUクロック数に匹敵する汎用デュアルコア
CPUを1つ、無線通信専用のCPUを2つ、計3つのCPUを搭載してます。
まぁ最新ではないCPUはけっこう安くはなっています。最近、2007年頃の
VistaのノートパソコンのCPUを新品交換しましたが、付けたCPUは
ヤフオクでintelデュアルコア(多分セレロン)で、値段は1200円でした。

 

高速処理を必要とするIPsec、USBポートにつないだUSB-DACのワイヤレス
化など従来の無線LAN親機(Wi-Fiルータ)では搭載できなかった新機能を
1GHzデュアルコアの強力CPUが実現しています。
デュアルバンドの無線通信は専用の2つのCPUが処理を行うため、
多彩な機能の同時処理によって無線通信のスピードが落ちることもありません。

 

 

2.4GHzでも高速

2.4GHzでも600Mpbsの転送速度を実現しています。
5GHz帯の11ac規格で採用されているデジタル変調方式
「256QAM」を、2.4GHz帯にも適用しているためです。

 

 

ビームフォーミング

iPhone 6やGALAXY S5などの家中を動き回る機器を追尾し
通信を安定・高速化する「ビームフォーミング」に対応しています。
iPhone 5sやiPhone 5cで利用可能なビームフォーミングEXにも対応しています。

 

※ビームフォーミング、ビームフォーミングEXは5GHzのみ対応してます。

 

 

多アンテナ

3×3アンテナ+アドバンスドQoS+全ポートGiga対応且つ高い基本性能で
安定通信を実現しています。この製品は、より強くより高速な電波の送受信
を可能として、さらに高性能パワーアンプ採用でWi-Fiの飛距離の延長を
実現し、広い範囲で安定した高速Wi-Fiを利用できます。

 

 

アドバンスドQoS

動画視聴やゲームを快適にするアドバンスドQoSを搭載しています。
動画、ゲームなど、通信の優先順位を設定できます。
QoSというとCisco製品を思い出しますね。
動画の利用が多い環境では、動画サービスを優先するなど、ライフスタイルに
合わせて優先度を設定することにより、安定した通信でインターネットを楽しめます。

 

 

Gigaポート

搭載しているLAN端子/インターネット接続端子ポートすべてがGigabitに対応し
有線で接続した場合、1Gbps(規格値)の高速通信が可能です。
大容量データも安定した高速通信ができ、光インターネット利用には最適ですね。

 

 

仕様

無線LAN

 

準拠規格:11ac/11n/11a/11g/11b

 

データ転送速度:1300M(11ac)、600M(11n)、54M(11a、11g)、11M(11b)

 

セキュリティー:WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2 mixed PSK(TKIP/AES mixed)他

 

 

有線LAN WAN側

 

1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-T

 

 

有線LAN LAN側HUB4ポート

 

規格:1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-T

 

 

電源

 

AC100V 50/60Hz

 

 

付属品

 

LANケーブル、ACアダプター、USBキャップ、スタンド、アンテナ、
取扱説明書(保証書はパッケージに記載)

 

白いのが目新しく感じます。バッファローっぽく無いですね。
昔バッファローのフリースポット機器やPLCの製品で白色のが有りましたね。

 

WXR-1900DHPの最安値

 

 

関連ページ一覧