パソコン(またはスマートフォン)からのDDNS(ダイナミックDNS)、no-IP

パソコンやスマートフォンでDDNS(ダイナミックDNS)サービス「no-IP」を
使用する方法です。

 

 

 

自宅でダイナミックDNSの運用を行う前に検討をお勧めする事項

プロバイダのDHCPサーバから払い出される動的グローバルIPアドレスは、
そんなに頻繁に変更されるものでは無いかと思います。
それをふまえた上で、ダイナミックDNSの運用方法を、お勧めできる
順番に以下に記載します。

 

1. 自宅のルータでダイナミックDNSの代用となる無料機能を使用する方法。
代用となる無料機能というのは、例えばNEC AtermのホームIPロケーションや
BUFFALOルータのWebアクセス機能などのことです。

 

NEC AtermルータのホームIPロケーションの設定は以下のページに記載しました。

 

AtermのホームIPロケーション設定方法

 

BUFFALOルータのWebアクセス機能の設定方法は以下のページに記載しました。

 

BUFFALOルータのアプリケーション-Webアクセス

 

自宅機器で利用したいサービスが外部に広く公開を考えていないサービス
(SSHやVPNなど)であれば自宅のルータでダイナミックDNSの代用となる
無料機能を使用するのが良いかと思います。
逆に自宅機器で利用したいサービスが外部に広く公開を考えているサービス
(WEBサーバやメールサーバ)で有れば、ダイナミックDNSの方がややお勧め
かなと思います。

 

※ただサーバを公開するにあたってより良いのは独自ドメインで固定の
グローバルIPアドレスが良いかなと思います。

 

2. 自宅のPCで、無料のダイナミックDNSをサービス起動する方法。
大部分の方は一週間に数回以上は自宅PCを起動するかと思います。
そのため、最低でもそのタイミングでIPアドレスの通知が行われます。

 

※設定方法は以下のページに記載しました。

 

パソコン(またはスマートフォン)からのDDNS(ダイナミックDNS)、no-IP

 

3. 安いWEBカメラやNASで且つそのメーカーの無料ダイナミックDNSが
使えるもの(IOデータのQwatch TS-WLC2など)を購入し使う方法。
WEBカメラなどのダイナミックDNS機能以上の物が手に入るという
利点が有ります。

 

4. 自宅のルータで有料のダイナミックDNSサービスを登録/設定する方法。
有料というのが一番の欠点です。そのため、まずは1、2番目の方法の
無料のサービスで試行してみるのが良いかなと思いました。

 

では、上記の2の方法である「自宅のPCで、無料のダイナミックDNSを
サービス起動する方法」を以下に記載します。

 

無料のダイナミックDNSは「no-ip」を利用しました。2014年12月に設定しました。

 

 

 

※また、自宅ルータのWAN側IPアドレスが、動的グローバルIPアドレスや
プライベートIPアドレスの時に、PCに固定グローバルIPアドレスを持たせる
方法を以下のサイトに記載しましたので、自宅の一番外側のIPアドレス
(ルータのWAN側など)がプライベートIPアドレスだけれども、どうしても
(固定)グローバルIPアドレスを持つ必要が有る方は参考にしてみてください。

 

ほのかなレンタルサーバ比較 - 自宅サーバ構築その3 機器構成:docomoテザリングとAndroidスマートフォンとWindows

 

 

 

本ページの目次

 

 

no-ipの登録

 

 

No-IPについて興味深いページが有りました。

 

 

no-ipへアクセスし右上の三本線のアイコンをクリックします。

 

※2015年9月に確認したところ、以下の画面ではなく
「Sign Up」から進む形になっていました。

 

 

 

「Free Sign Up」をクリックします。無料版は「reactivate every 30 days」、
30日ごとに活性化が必要とのことでした。

 

 

 

アカウントを作成し「Free Sign Up」をクリックします。
ドメイン名は「hikaku-server.ddns.net」と記載しました。

 

 

 

「Confirm Your Account」と表示されました。

 

 

PCでのDUC(Dynamic Update Client)のインストールと起動

 

受信したメールのURLをクリックします。

 

 

 

続きの手順である「4. Download Update Client」をクリックします。

 

 

 

「Download Now」をクリックします。

 

 

 

DUC(Dynamic Update Client)をインストール後に起動し、
ユーザー名とパスワードを入力し「Sign In」をクリックします。

 

 

 

アップデート(IPアドレスをDNSサーバへ通知すること)が行われました。

 

本当にアップデートが行われたかの確認はnslookupなどから行います。
アップデートが行われない場合は、no-ipのサイトへログインし、直接
書き換えた方が早いです。

 

 

 

DUCの機能として「File」→「Preferences」をクリックすると、ユーザーログイン
時に自動起動する設定やWindowsサービスとして起動させるかなどを選択
できる項目がありました。

 

 

 

「Tools」ではポートチェックやオープンリレーのチェック、
DNSキャッシュのクリアなどの項目があります。

 

 

ダイナミックDNSの確認

 

nslookupでダイナミックDNS設定を実施したドメイン「hikaku-server.ddns.net」の
IPアドレスを調べると「2.*.*.*」と表示されました。

 

 

確認くんで自分のIPアドレスを確認すると「2.*.*.*」と
表示されました。以上よりダイナミックDNSが正しく設定されていることが確認できました。

 

 

ダイナミックDNSクライアントソフトの中で一番有名だったDiceでは、no-ipの
新しいドメイン(ddns.netなど)を設定できる箇所が有りませんでした。
おそらく2006年にて更新を終了されておられるようでした。

 

また、スマートフォン(Android)で使用できるダイナミックDNSクライアントは以下のものが有りました。

 

WEBサーバにダイナミックDNSクライアント機能が有るという感じのソフトです。
価格は352円です。
このソフトでno-IPを設定する方法は以下のサイトに記載しました。

 

ほのかなレンタルサーバ比較 - 自宅サーバ構築その2 機器構成:mopera UとAndroidスマートフォンのみ

 

 

KSWEBの中でダイナミックDNS設定(No-IPを使用)を行う画面です。

 

 

 

関連ページ一覧